自虐小説、不思議発見、叫び。


by leartha

<   2006年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「ロデオボーイの憂鬱」

 巷で話題のシェイプアップマシーン「ロデオボーイ」なる商品に、私も妙に惹きつけられている。私は通販オタクじゃないけど、時々つい宣伝につられて買っちゃうんだよね、コレが。で…けっこう失敗が多い…。「思ってたのと違うじゃん!」ってゆーのがたいていの嘆きだね。だからできるだけ実物を見てから買う様にしてるんだけどさ。
 
 それでもこの間失敗したのは斜め方向にツイストしながらステップ運動するヤツ。通販のと同じ物を、ちゃんと実際に乗っかって試してみて、「よし!これならイケるぞ!」って確信のモトに買ったのに。のにのにのに…、一つだけ盲点があったのよね。(盲点…もーてんと言えばモーテン・アンダーセン<元NFLのキッカー>は元気かしら?)。
 
 車で家に持ち帰り、意気揚々とCMさながらの作り笑顔で、力強くステップを踏んで、踏んで、また踏んで………。
 「1日たった5分の運動で、あなたも健康で魅力的な身体に…」って、その「1日5分」、たった5分で死にそうになってるじゃん!!アタシ!。もう息切れするわ足はガクガクだわ。健康になる前に死んでどうする~!。もしも売り場で、もう少しキチンとテストしてさえいれば、自分にこなせるかどうか分かったはずだぁ。とはいえ、この商品、地下鉄の長い階段を前にしても臆することなく、「ふふんっ楽勝よ」みたいな妙な自信だけはつけてくれたらしい。魅力的な体にはほど遠いけどね…。

 
 さて、問題の「ロデオボーイ」。
 上記の失敗を血と肉とし、今、とても慎重にこのプロジェクトを推考している。買うべきか、やめるべきか、それが問題だ(大袈裟なんだよ)。
 ちょうど近くの大型スーパーの健康グッズコーナーに、「おためしロデオボーイ」が置いてあるのを見つけた。ん~なんてラッキーな私。休みの日、買い物ついでに「よっしゃ~!!」と気合いを入れてこのコーナーに寄ってみるのだが…、何時行っても乗ることができない。人気があるから?。ええ、ええ、確かに人気者なのよ、とっても。ただし…、私の様に切実な思いでこの商品を試したい種類の人間にではない…。独占して飽きるまで人には譲らない、こいつらの正体は……。

 「子供」だー!。しかも「クソガキ」だぁー!!。加えて「集団」だぁぁー!!!。この集団の中だけで、すでに奪い合いなのだー。部外者の私に入れる訳がない!。しかも母親らしき人物たちはそれなりに近くで買い物してるから、こっそり泣かす訳にもいかないし。
 母親としては、うるさい子供たちがそこでおとなしく(してるわけないんだが…) 遊んでてくれれば自分たちの買い物ができる訳で…。しかも本来なら、デパートの屋上なんかにあって、お金を入れなきゃ動かない様な乗り物に、タダで、好きなだけ遊ばせておけると来りゃ~、使わない手はない。ってな具合に、無頓着を決め込んでるらしい。当然ながら、他にも乗りたい人がいるなんて事は、まっったくの想定外なのだろうね。ほとんどほったらかしの状態だ。
 それだけではない。問題は母親の買い物が終わって帰る時だ。まだ遊び足りないガキが絶対に泣き叫ぶ!。耳をつんざく大声で!!。つられて母親もヒステリックに怒り出す。
「いけません!。これはあなたの遊び道具じゃないの!!。」
 ……その言葉、もっと早くいってくれぇぇー!!。キャツラが味をしめる前に…。ご都合主義の母親めー。泣きたいのはアタシの方だ!。

 こんな苦難を乗り越えて、やっと手にしたアタシの権利。期待に胸を膨らませて乗ってみた。「あっ、いいじゃんいいじゃん。これなら長くつき合えるかも…」っとその瞬間、
 聞こえる…。ロデオボーイが叫んでいる……「やっと俺本来の仕事ができたんだ~!!」(井上マーか?)。
 しかし、そんなお互いの幸せも束の間、また別のお子様たちが集まって来る。結局少しだけ試して譲るはめになった。だって人前で長時間のるの、けっこう恥ずかしいんだもん。後ろ髪を引かれる思いでその場を離れ、そっと振り返って彼を見た。けなげに働くその姿が、心なしか寂しそうに感じられた。

 そんなこんなで先日、再びトライするため、あの場所へ行ってみた。が…、彼の姿はもうそこにはなかった。やはり苦情が多かったのか?、それともとりあえず全部売れてしまったのか?、一つも売れなくてやめてしまったのか?、真相は闇の中。気がかりなのは、あの「おためしロデオボーイ君」だ。彼本来の仕事はどれだけできたのだろうか?…(何ひたってんだか)。

 ともあれ、未だに買うのをためらっているアタシです。買って使ってみた人、感想あったら教えて。
[PR]
by leartha | 2006-06-04 19:54 | 不思議発見