自虐小説、不思議発見、叫び。


by leartha

<   2006年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「ブロークバック マウンテン」

 久々の更新でぃす。ファンの皆さん! おまたせ~ (って…、ファンなんていないだろ。)
 「ブロークバック・マウンテン」を観た。 なんていうか… コメントするのが難しいなぁ。いきなり「ハァ?」って感じで“コト”が起き、あれこれ「ハァ?」って思ってる間に、最後の大きな「ハァァ?」っていう“コト”が起きて、終わってしまいました。あらら……。 絶賛された割には見応えのない映画でした。 チャンチャン!。 って、これで終わっちゃぁ感想になんないんだよ。 けどさ、何でアカデミー賞の監督賞をとれたのか、よく分かんないなぁ~。

 強いて言うなら、ジャックの妻や両親が、イニスとジャックの事を気付いていたのか?、微妙に分からない撮り方をしている所は監督のうまさかな?。あと、イニスがジャックのコト(最後に起きる大きなコト)を聞き、自分の子供の頃の体験とダブらせてイメージする所も、わざと事実を曖昧にしながら、観客には強く印象づけたんじゃないだろうか。

 それにしても男同士が愛し合うと、こんな訳の分からない愛情表現になるものなのかしらねぇ。いきなりぶっこんだかと思えば殴り合ったり怒鳴り合ったり…。観ていて決して心地いい物ではない。それに女の立場で言わせてもらうと、あまりにもイニスの奥さんがかわいそうで…。タマんないよな~。ダブルで裏切られたって感じだもんねぇ。ひでぇー!。    
なのになのに、イニスとジャックの愛の後にイニスと奥さんのメイクラブを見ると、なんか…「ちんけ」なんだよね。「おっぱいが邪魔」な感じで何故か綺麗に見えなかった。
私の好きなタイプの女優じゃないから?(この人、「ドーソンズ・クリーク」に出てた人だっけ)。それともヒース・レジャーったら実は女より男の方が良かったのかしらん?。

 こんなふうに、理性では受け入れ難いし、だいたひかるの様に「ど~でもいいですよっ」と言いたくなる内容なんだけど、ラストの方でイニスがジャックの昔のシャツを見つけるシーン。あそこだけはジ~~ンときてしまいました。どうでもいいはずなのにね。こんな所も監督の力なのかも。


 ところで、アタシ的には別の興味深い「オプション」があった!。映画館での事、私の前に座ったのは、ナント二人連れの若い男。スーツではなかったけど、学生って感じでもないのよね。ただでさえそういう二人連れって珍しいのに、こういう映画でしょ? ムフフな期待をしちゃったわけよ。これでもし、イニスとジャックがやっちゃった時に前の二人も抱き合うなりなんなりしてくれたら…!。なのに、最後までなんにも起きなかったのよね。ったく…、サービス精神のないやつらだ!。どうせならそのくらいのパフォーマンスして下さいよ、お二人さん。…あっ… でももしや、私が勇気を出して前の席を覗き込んでさえいれば…手ぐらいはにぎってたかも…。しまった! チィ!!。(何妄想してんだか…)。


ともあれ、山の風景はキレイだし、羊の放牧の仕事の過酷さもこの手の映画ならではで興味深い。それに何と言っても前述した様に、不思議な感情の揺さぶりをかけてきやがる映画だね。そういうのを見たい人には良いんじゃない?。アタシはあんまり好きじゃないけど。それにこれじゃやっぱり作品賞は無理だったと思うな。「問題作だったから」ではなく、「内容がない」から。
 それにひきかえ「クラッシュ」はすごくよかった!。どっちか1本を観るなら、私のお薦めはダントツで「クラッシュ」だね。この映画の感想は後日、乞うご期待!。(って、本当に書けよ!) …ゴメン、自信ない……。
[PR]
by leartha | 2006-04-01 18:46