自虐小説、不思議発見、叫び。


by leartha

羅亜佐のみちばた不思議発見!


 「嘘つきセーター」
 2年程前にメイド イン ネパールのセータ-を買った。 「ウール100%」と表示されていて、たくさんの色の毛糸が使われたおしゃれなヤツ。しかも割と安かった。私はビンボーなので、普段は1000円のTシャツ1枚買うときでも「買うべきか、やめるべきか、それが問題だ!」と、芝居がかった独り言を言いながら長時間悩み、「お金より時間を無駄にしたぁ~」と反省して一日を終える。そんな私が衝動的に買ってしまったのだ!。かなり気に入ったに違いない。

 ところが、物忘れが特技である私は(それって特技じゃないだろ!)いろいろ細かいことを忘れてしまった。 ☆それがウール100%であること。☆冬が過ぎて着なくなった物を、そのままどこかに山積みにしたことetc…。さぁ、その結果起こることは…?。
 かなり時間がたってから、いやいやながら冬物の手洗いを試みた。あっ!そうだ。めんどくさいことを後回しにするのも私の特技だ(だから特技じゃないっつーの!)。綺麗に洗って干そうとしたとき、それに気づいた。「あー!!虫にくわれてるー」しかもかなり目立つところに…。「えーん!これじゃ、外へは着て行けないよー。私のばかばかばか!」

と、ここまではどこにでもよくある話。当然の結果だし。
だが、この時私はとんでもない発見をしてしまったのだったー!。
 
 話は、初めてこのセーターを着たときに遡るが、言われてみれば妙に気になることがあった。セーターの肩に落ちたらしい髪の毛を取ろうとすると、何故かピーンと引っ張れて、力を入れるとプチッと切れてしまうのだ。「なんでぇー?」と、疑問に思いつつも、そこは物忘れが特技の私、記憶の引き出しにしまいこんでいたのだ。それが、この発見とともに蘇ってきた。そして、「恐怖の事実」が、貞子のようにじわじわと襲ってきた(あんまり期待させないほうが…)。

 「こ…これは…、アタシの髪の毛じゃない!」
だってだって、落ちただけのはずの髪の毛がセーターにしっかりとからまるなんてあり得る?。その編み目をグィーンと引っ張ってよーく見ると、ナント毛糸に髪の毛が編み込まれている……。
 そりゃーね、最近では、束になってるトランプの真ん中に入れた1枚のカードが、瞬間移動して一番上にくるようなご時世だけど(それって時世の問題か?)。落ちた髪の毛が一瞬にして編み込まれたのだろうか?。だとしたら、やったのは……セロか?はたまた口からトランプを出すギョロ目のマジシャンか?。んなわけないよね(だったらうれしーじゃん)。マジックでも奇跡でもないとなると、その実体は…  ハニーフラーッシュ!!。

 セーターに人毛が使われていた! の巻。
嘘でしょ。セーターに編み込まれた髪の毛を探すのは簡単ではなかったが、事実を知りたくて、その後何カ所か見つけた。かなり目が寄り目になって、眉間にしわが増えたに違いない。でもどう見てもこれらは髪の毛であり、からまったのではなく、編み込まれているのである。

 「げっ!キモい。」私はこのセーターが急に嫌いになった。「ええーい、捨ててしまえー!」と、ゴミ箱に投げ入れかけたその瞬間、「ちょっとお待ちなさい!」と、お約束の様に天使バージョン登場。説教なんてされたくないんだが…。

 「よーく考えてみて。昔は、女性の髪の毛ってとっても大切なものだったんじゃなくて?。」
 んー、確かに。Oヘンリーの小説にもあったな。夫にクリスマスプレゼントをあげたいんだけどお金がなくて、自分の長い髪の毛を切ってお金に換えた妻の話。いい話じゃなーい?。  
 こんなのもある。お釈迦様の話の中の「貧者の一灯」だっけ。どうしても説法を聞きたいんだけど、お金がないために油を売ってもらえないおばあさんが、自分の大切な髪の毛を切って油売りに頼み込む。油売りは「そこまでして聞きたいのかい」と感動して油を売ってくれるのだ。
なるほど、まさに髪は女の命ってわけね。
 あっ、まだある。人形に使った女の子の髪の毛が夜な夜な伸びているとかいないとか……って、それこぇぇよ!。せっかく捨てない方向に話が進んでたのに台無しじゃん。

  気持ち悪い点に気を取られてて、うっかり忘れるところだったが、もう一つ言いたい事がある。

 「アンタ…、ウール100%ってウソですから。残念!!。 人毛で人望なくす、いつわりギリ斬り!」(またパクリかい)

 つまり騙されたって訳だ。ちぇっ、1粒で2度くやしー。ついでにセーター喰った虫にも一言言いたい。「おいっ!、どうせ人のセーター喰うんなら、羊の毛なんかじゃなく、人の毛にして下さいよ、虫さんよー。希少価値の分からないヤツらだ!」

 ともあれ、天使のお陰で捨てるのはやめにした。何と言っても気に入って買った物だし、家の中で着る分には虫食いなんて無視すりゃいいし(ダジャレ言ったのダレジャ?)。なんだかんだと大騒ぎしたくせに、物を捨てられない性分の私でした。それにしても何で中途半端に人毛なんか使うんだかねぇ。わっけわっからーーん。もし、こんな事情に詳しい人がいたら、是非、教えてちょ。
[PR]
by leartha | 2005-04-05 21:27